212T-2


1: 2018/09/13(木) 01:00:13.438 ID:c7RKEhKd0
~教会~ 

神父「ご覧下さい……あれが我が教会に伝わる≪神の像≫です」 


オオッ…… 

「神様……!」 

「癒やされる……」 

「涙が出てくるわ!」 


男(うーむ、いつ見ても素晴らしい……)

3: 2018/09/13(木) 01:03:08.604 ID:c7RKEhKd0
男(神々しく、凛々しく、美しい男性の像……まさに≪神の像≫という名に相応しい) 

男(こうして眺めているだけで、心が洗われるようだ……) 

男(しかし……物足りない) 

男(できればもっと近くで見たいし、一度でいいからこの手で触ってみたい!) 

男(だけど、そんなことできるのは教会の関係者だけ……) 

男(ああ……あの像にもっと近づくことのできるチャンスはないだろうか……)

4: 2018/09/13(木) 01:03:44.590 ID:TOkzUAoqr
期待



5: 2018/09/13(木) 01:05:05.662 ID:c7RKEhKd0
ある日のこと……

神父「……ん!?」


ピシッ…


神父「おおっ、なんということだ! ≪神の像≫にヒビが入っている!」

神父(このままにしておけば、天罰が下ってしまうかもしれん!)

神父(誰かに修復を依頼しなければ……)

6: 2018/09/13(木) 01:07:24.645 ID:c7RKEhKd0
神父「というわけなのです」

神父「どなたか修復していただけませんか?」


ザワザワ… ガヤガヤ…


男「やらせて下さい!」サッ

神父「おおっ、やって下さいますか! しかし、美術の心得はありますか?」

男「あります! 美術品の修復は得意中の得意です!」

男(真っ赤な嘘です!)

7: 2018/09/13(木) 01:09:16.676 ID:c7RKEhKd0
男「やったーっ!」

男「いやぁ~、嬉しいなぁ。まさか≪神の像≫を家に持ち帰れるなんて……」

男「たしかにヒビが入ってるけど、相変わらず美しい……」

男「満足するまで眺めたら、接着剤でヒビを埋めれば何とかなるだろ」

男(特にこの右腕ときたら……)サワッ

ボキッ

男「え」

9: 2018/09/13(木) 01:11:11.704 ID:c7RKEhKd0
男「折れちゃった……右腕」

男(やべええええ! どうしよう!?)

男(弁償しなきゃまずいよな……ってか、弁償できるようなもんなのか!?)

男(あああ、どうしよう、どうしよう……なんとかしなきゃ)

男(とにかくバランスを取らなきゃ!)

男(そうだ! だったら左腕も!)

ボキッ

男(よし! これでバランスがいい! ……って)

27: 2018/09/13(木) 01:38:39.604 ID:Os6MYsEUK
>>9
おい

10: 2018/09/13(木) 01:13:06.785 ID:c7RKEhKd0
男(やっちまった……)

男(何やってんの!? 何やってんの俺!?)

男(両腕とも折っちゃってどうすんだよ! 片腕ならまだ許してもらえたかもしれないのに!)

男(元に戻しても絶対違和感出るよなぁ……)

男(こうなったら……腕を増やそう! それしかない!)

12: 2018/09/13(木) 01:15:09.024 ID:c7RKEhKd0
ペタペタ…

男「……よし」

男(腕を六本に増やしたぞ! 二本折っちゃっても、六本に増やせば問題ないだろ!)

男(とりあえず、一休みするか……)

男(コーヒーでも飲もう……)

ゴトッ バシャッ…

男「あーっ!!!」

男(やばい、コーヒーがかかっちゃった……)

13: 2018/09/13(木) 01:17:08.545 ID:c7RKEhKd0
男(拭かなきゃ!)フキフキ…

男「うーん……」

男(イマイチ色が落ちない……どうしよう……)

男(仕方ない、茶色に塗ろう!)

ヌリヌリ… ペタペタ…

14: 2018/09/13(木) 01:19:06.152 ID:c7RKEhKd0
男(コーヒーはごまかせたけど、なんだか神々しさがなくなってしまった)

男(やっぱり茶色は地味だからな……どうしよう)

男(そうだ! こうなったらいっそ七色に塗ろう!)ペタペタ…

男(おおっ、レインボー! どうせだったらもっと派手にしちゃおう!)

男(ついでにLEDもつけて……)

15: 2018/09/13(木) 01:21:36.235 ID:c7RKEhKd0
ピカピカ… キラキラ…

男「おおお~……」

男(キラキラ光ってる……光ってる……アハハ……。なにやってんだ、俺……)

娘「パパー、何やってんの? あ、キレーイ!」

男「あっ、その像にさわっちゃダメ――」

ボキッ

男「あっ」

16: 2018/09/13(木) 01:22:08.404 ID:TOkzUAoqr
完全に錯乱してんな

17: 2018/09/13(木) 01:24:54.489 ID:c7RKEhKd0
男(折れて、上半身と下半身が分離しちゃった!)

娘「ごめんなさい……」

男「ハハハ、いいよいいよ」

男(俺も散々壊した後だから、娘を叱れねえ……)

男「そうだ! 下半身にはキノコをつけちゃおう!」

娘「キャハハ、おもしろーい!」

アハハハ… ハハハ…

18: 2018/09/13(木) 01:26:20.897 ID:c7RKEhKd0
男「もっと神々しくするにはどうしたらいいだろう?」

娘「翼をつけたら?」

男「お、いいねー! 天使みたいな――」

娘「コウモリさんみたいな翼をつけよう!」

男(え、そういうやつ!?)

19: 2018/09/13(木) 01:28:09.416 ID:c7RKEhKd0
娘「口紅ぬるー!」ヌリヌリ…

男「ハッハッハ、いいともいいとも!」

娘「スカートもはかせてあげるー!」

男「ハッハッハ、どんどんやりなさい!」



男(もう……どうにでもなれ……)

20: 2018/09/13(木) 01:30:08.873 ID:c7RKEhKd0
~教会~

神父「お待ちしておりました」ニッコリ

男「……」

神父「修復は……やって頂けたのでしょうか?」

男「はい……やりました」

神父「おおっ、ありがとうございます」

神父「では見せて下さい!」

男「……はい」

21: 2018/09/13(木) 01:32:16.999 ID:c7RKEhKd0
男「これ……です」ゴトッ





神父「は!?」

22: 2018/09/13(木) 01:33:26.984 ID:YMhrMVT7r
神父様ぶちギレですよ

23: 2018/09/13(木) 01:34:20.657 ID:c7RKEhKd0
神父「なんだこりゃ!?」

神父「腕が六本生えてて、全体的にピカピカ光って、悪魔みたいな羽根が生えてて……」

神父「上半身と下半身が分かれて、下半身には卑猥なものがくっついて……」

神父「どうなってんだよこれ!? 原型とどめてねーじゃん! 別物になってんじゃん!」

男「あの……」

男「修復してるうちにどんどんおかしくなっちゃって……」

神父「何やってんだてめええええええ!!!」

25: 2018/09/13(木) 01:36:15.969 ID:c7RKEhKd0
神父「どうすんだよ、どうしてくれるんだよ、これ!?」

男「本当に……すみません!」

神父「謝って済んだら教会はいらねーっつうの!」

男「は、はい……」

男「なんとか弁償を……」

神父「弁償できる代物じゃねーっての! 世界に一つしかないんだからさ!」

神父「こんなの……神への侮辱以外の何物でもないッ! バチ当たりがぁぁぁ!」

男「ううっ……!」

26: 2018/09/13(木) 01:38:20.390 ID:c7RKEhKd0
ピッシャァンッ! バリバリバリッ!


男「なんだ!? いきなり天から雷が降ってきた!?」

神父「ほらぁ、きっと神様が怒ったんだよ!」

男「ひ、ひいいっ!」

神父「神様、こいつです! 全てこいつが悪いんです! どうかこいつに天罰を――」


「≪神の像≫を修復した者よ……」


男「あわわわ……申し訳ありませんっ! 悪気はなかったんですっ! ごめんなさいっ!」

28: 2018/09/13(木) 01:40:20.600 ID:c7RKEhKd0
神「なんでこんなに私そっくりに作れたんだ!? エスパーか、お前!?」

神「あまりに驚いたんで、つい下界に降りてきてしまったよ!」

神「ほら、そっくりだろ!?」ピカピカーッ


男&神父「えええええ~~~~~~!!!???」





― 完 ―

29: 2018/09/13(木) 01:44:32.987 ID:YMhrMVT7r
なんてこったい!

引用元: http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1536768013/